中性脂肪とコレステロールの違いとは・・・

 

中性脂肪とコレステロールはどちらも肝臓で合成される脂質の一種ではありますが、体内での役目が異なっています。

 

 

中性脂肪は体を動かすエネルギー源となり、余った分は蓄えるということができます。
体温を一定に保ったり、体を衝撃から守る働きもしています。

 

 

コレステロールは細胞膜の構成成分となる他、副腎皮質ホルモンや消化・吸収を補助する胆汁酸などの原材料になります。
コレステロールには善玉と言われるHDLコレステロールと、悪玉と言われるLDLコレステロールがあり、バランスを保ちながら存在するのです。

 

 

中性脂肪とコレステロールは、肝臓で合成される脂質ということは、肝機能が低下すると作られる量が増えたり減ったりするのではないか?と疑問が湧きます。
中性脂肪もコレステロールも肝臓と深い因果関係がありそうですから、肝機能を知ることで改善するヒントがありそうです。

中性脂肪・コレステロールってなんだぁ〜?記事一覧

結論から言うと、中性脂肪が体内に蓄積すると脂肪肝になります。エネルギーとして消費されなかった脂肪が肝臓に蓄積された状態です。私はお医者さんに、「あなたの肝臓はフォアグラ状態になっている!」と言われました。脂肪肝になる原因は、運動不足によりエネルギーの消費不足動物性の脂肪の摂りすぎ魚の脂肪が不足糖分の摂りすぎパンや米などの炭水化物の摂りすぎなどがあリます。またお酒を飲む機会の多い方も注意が必要ですが...

「最近お腹がでてきたなぁ〜」と感じていませんか?また、健康診断で「メタボ予備軍」とゴム印を押されてがっかりしていませんか?お腹が出てきたのは、中性脂肪が溜まっているからかも分かりませんよ。健康診断で中性脂肪の数値が高いなら・・・中性脂肪を落とすには、ジョギングやウォーキングなどの運動も必要ですが、もっとも簡単で且つ効果があるのは食事内容の見直しです。僕も中性脂肪の数値が高く、医者から落とすように言...


血中中性脂肪値減少を目指して・・・

最新記事