中性脂肪を落とすには青魚がおすすめです!

「最近お腹がでてきたなぁ〜」と感じていませんか?
また、健康診断で「メタボ予備軍」とゴム印を押されてがっかりしていませんか?

 

お腹が出てきたのは、中性脂肪が溜まっているからかも分かりませんよ。

 

健康診断で中性脂肪の数値が高いなら・・・

 

中性脂肪を落とすには、ジョギングやウォーキングなどの運動も必要ですが、もっとも簡単で且つ効果があるのは食事内容の見直しです。

 

僕も中性脂肪の数値が高く、医者から落とすように言われたのですが、医者は 「まずは少し痩せましょう!」 と言っていました。

 

ダイエットの方法としては、食事の見直しで
肉を控えて、魚と野菜中心の食生活をしてください!とのことでしたね。

 

肉を食べることが悪いことではないのですが、日本人の食べている肉は脂分が多すぎるらしいですね!
カルビとか霜降りとか・・ たしかに美味しいのですが、どう見ても脂分が多いですね(笑

 

肉の脂は、飽和脂肪酸と言って常温で固まる脂です。
肉を焼いた後のフライパンを見れば分かるのですが、白いラードのような固まりになっていると思います。正直なところ自分の体の中にこの脂が蓄積していくのかと思うとゾッとします。

 

肉の脂とは逆に、魚の脂は常温では固まらない不飽和脂肪酸という脂です。
また、大豆やごまなどの植物からとれる脂も不飽和脂肪酸だから積極的に食べても良い食品になります。

 

しかし肉抜きというのも体に良くない!

 

肉の脂が良くない!と言うのは理解できても、肉を全く食べないというとタンパク質が入ってこなくなりますのでこれはこれで問題です。
肉を食べるなら、カルビや霜降りという部位は避けて、脂の少ない赤みのお肉をチョイスしましょうね!

 

関連ページ

中性脂肪が増えると起こる問題
食品の脂肪やパン屋米などの糖質から作られた中性脂肪は、体内で蓄えられます。蓄えられた中性脂肪は運動などのエネルギーとして消費されるのですが、運動不足などで消費されずに体内に残ると肥満の原因に・・・ また、肝臓に蓄積してしまうと脂肪肝になってしまいます。

血中中性脂肪値減少を目指して・・・

最新記事